ニュース

news

2019.11.19 ニュース

入れ歯のお手入れで 肺炎予防

入れ歯の手入れは毎日行わないと 肺炎になるリスクが1.3倍になります。

入れ歯の清掃が不十分だと、付着した細菌が増殖します。それが唾液や食物とと一緒に気管に入ると 肺炎のリスクが高まります。

入れ歯には 家庭では取り切れない汚れが付きます。半年に一度は入れ歯調整をかねてご来院ください。院内技工士が皆様の入れ歯をキレイに磨き上げます。